チョコレートを一瞬で格上げ!ボンボンショコラのデコレーション

ボンボンショコラ作り方のコツ

今回の記事では、
ボンボンショコラをさらにお店っぽくする
キラキラパウダーと転写シート
そして、上級テクニックのモールドの色つけのお話になります。

キラキラパウダー

最初は1番簡単なキラキラパウダーのご紹介です。
このパウダーの正式名称はわからないのですが(笑)
私はキラキラパウダーと呼んでいます。

色は金・銀・赤・青・紫などがあります。
協会のネットショップで販売しているキラキラパウダーは3gですが
多分これだけで300個分はあるのではないでしょうか。

キラキラパウダー
https://okashi-mania-shop.com/SHOP/2020_124.html

使用方法は、
フタについているパウダーをはけでとり
はたくようにつけていきます。

まず、なぜフタについている部分を使用するのかというと
はけに多く着きすぎてしまうと色味が出ずに
ただの白い粉になってしまうからです。

本当に少量で色が付きますので、
フタの部分だけでOKです

”はたくように”というのは、
塗りつけるように塗るとマットな感じになります。
ですので、はたくようにするとキラキラします。

ネイリストの生徒さんは、
ハケを指で弾いてもっとキラキラつくように調節していました。

転写シート

お店のチョコレートでは転写シートを使用しているお店は少ないかもしれませんが、
お家で作るのなら初心者の方は

転写シートが断然オススメです。

お店のようなボンボンショコラを作るにはここが大事!!
でも書きましたが、カットがうまく出来なかったり、
コーティングの手が遅くてチョコレートが厚くついてしまった時にも
この転写シートでしたら誤魔化すことが出来ます

海外の転写シートも多く入ってきていますので、
”転写シート チョコレート”で検索するとたくさん出てきますよ^^

和柄の転写シートをお探しの方はこちらからご覧ください

上級者向けモールドのデコレーション
Xmasのオーナメントのようなチョコレート

キラキラパウダーの上級編として、
モールドに先にキラキラパウダーをふんだんに塗ります。


ここははたくようにではなく、
塗るようにモールドに塗っていきます。
完成前は、あまり色がついていないように見えますが、
チョコレートを流して完成すると
こんな感じのチョコレートが出来上がります^^

かすれチョコレート

チョコレート色素を筆にとり
かすれるようにモールドに塗っていきます。

惑星チョコレート

惑星みたいな丸いチョコレートが売られているのを
見たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

あれは、こちらの記事で紹介している
スプレーガンを使用して作っているのですが、
ない場合は、粉をふるう時に使うザルと歯ブラシを使って作ることができます。

歯ブラシにチョコレート色素をつけます。
モールドの上にザルを裏返しにして、
網目の端っこの方で
バイオリンを弾くように擦っていきます。

(これ、言葉だと難しいですね💦)

写真のようにザルを斜めにして
チョコレート色素がモールドに飛ぶようにしていきます。

ボンボンショコラの口どけが1番大事ということは
このブログでもたくさんお話ししておりますが、
見た目もやっぱり大事です^^

素敵なチョコレートが作れますように✨

協会オリジナル転写シート無料プレゼント中♪

・A/C/E/F/H/J/K/M/N/O/R/S/T/Yのうち14個分
・1家族1回まで
・転写シートの文字は選べません
・ネットショップでは56個が1シート(300円)になったものが販売しております。(受講者限定販売)
・普通郵便にて発送いたします。

お申し込みはこちらから

【無料動画レッスン】運命を変える女神の口どけチョコレートレッスン

1500人が受講した体験レッスン
”運命を変える女神の口どけ
チョコレートレッスン”
その内容がそのまま動画になりました!

もっと本格的にボンボンショコラが作れるようになりたい!

お菓子マニアのチョコレートアカデミー協会では
2つの講座をご用意しております。
・チョコレートマイスター基本クラス(動画レッスン)
・チョコレートマイスターステップアップクラス(会場レッスン)

レッスン詳細はこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました