お酒系ボンボンショコラ基本レシピについて

ボンボンショコラ作り方のコツ

ボンボンショコラ5つの基本レシピの
今回はお酒系ボンボンショコラ基本レシピについて
お話ししていきたいと思います。

お酒系ボンボンショコラ基本レシピ

ミルクチョコレート 120g
生クリーム     70g
シャンパン     50g
クーゲルンショコラ(トリュフボール) 25粒

その他の基本レシピ記事

ビターボンボンショコラ基本レシピについて
フルーツ系ボンボンショコラ基本レシピについて
フレーバー系ボンボンショコラ基本レシピについて
ナッツ系ボンボンショコラ基本レシピについて

このレシピはどんなものに向いている?

こちらのボンボンショコラのレシピは、
味の薄いフレーバーをチョコレートに混ぜたい時に
応用することができるレシピです。

ボンボンショコラを食べてもらった時に
「これ何の味?」
と聞かれてしまうと
ちょっと悲しいですよね。

だからと言って
そのフレーバーをたくさん入れてしまうと
ボンボンショコラが固まらなかったり
してしまいます。

そのために、
今回のレシピのシャンパンくらい
入れても大丈夫な方法をお話ししていきたいと思います。


クーゲルンショコラ(トリュフボール)って何?

クーゲルンショコラとは、
こちらの写真のチョコレートです。

中が空洞になっていて、
そこにガナッシュなどを入れることができます。
液状のものでも口が狭いので
フタを閉じることができます。

レッスンではシャンパントリュフを作りますが、
ステップアップクラスの生徒さんは
さくら味のガナッシュ(ピンク)
抹茶のガナッシュ(緑)の二層にして
こんなボンボンショコラを作っていましたよ。

シャンパンの代わりに応用できるもの

このレシピは、
シャンパンの代わりにスパークリングはもちろん
ワインや、日本酒、ビールやメープルシロップなども入れて作ることができます。
ビールなどを入れるとコクが出て美味しかったですよ♪
余ったお酒などを入れてもいいですよね。

ただ、アルコール分の高いお酒(40度くらいのもの)で
作るとかなりアルコールが強くなってしまいますので
その場合は、ビターチョコレートのレシピに少し入れていくことをお勧めします。

お酒系ボンボンショコラの作り方

1、シャンパンをボウルに出し1分間泡立て器で混ぜてシャンパンの気泡を飛ばします。
2、温めた生クリームを溶かしたミルクチョコレートに2回にわけて混ぜます。
3、1のシャンパンを5回にわけて2に混ぜます。
4、絞り袋に入れてクーゲルンショコラに入れていきます。
5、24時間冷蔵庫に入れ固まったら、テンパリングをとったチョコレートで蓋をしていきます。

1の泡立て器で混ぜて気泡を飛ばすのは、
気泡があるものだけの作業になります。

フタをして完成でもいいですし、
テンパリングしたチョコレートを接着代わりに
薄くつけて粉糖をまぶしても可愛くなりますよ。

粉糖の他にストロベリーパウダーなどで
まぶしてピンクにしたり、
抹茶やココアパウダー、きな粉などで色を変えるのもいいですね^^

是非、お家にあるお酒などを使って
作ってみて下さいね!!

協会オリジナル転写シート無料プレゼント中♪

・A/C/E/F/H/J/K/M/N/O/R/S/T/Yのうち14個分
・1家族1回まで
・転写シートの文字は選べません
・ネットショップでは56個が1シート(300円)になったものが販売しております。(受講者限定販売)
・普通郵便にて発送いたします。

お申し込みはこちらから

【無料動画レッスン】運命を変える女神の口どけチョコレートレッスン

1500人が受講した体験レッスン
”運命を変える女神の口どけ
チョコレートレッスン”
その内容がそのまま動画になりました!

もっと本格的にボンボンショコラが作れるようになりたい!

お菓子マニアのチョコレートアカデミー協会では
2つの講座をご用意しております。
・チョコレートマイスター基本クラス(動画レッスン)
・チョコレートマイスターステップアップクラス(会場レッスン)

レッスン詳細はこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました